よつやTips

元IT技術者がおくる情シス超入門:VB.NET / SQLServer / 弥生製品 / ひとり情シス

【雑記】転職は言語化だ

前職を退職してから、具体的にいうと有給消化に入ってから約2ヶ月。
応募をぼちぼちしてみたり、転職活動しているひとたちの情報を聞いてみたりしながら、ずっと考えてた。

自分は何がしたいんだろう?

これがまぁ、わからない。やりたいことって何だっけ?をいつも考えている気がした。パートナーにもよく言われる。「何が得意なん?」「何したいん?」

多少得意なことはまぁまだ言えなくもない。それでも明確にこれ!って言えないのが自分でも情けない気がずっとしていた。それに加えて、転居に伴い前職(派遣)を退職した。居心地のいい職場だったしやりがいもあったから、ずっとそこにいたいって気持ちがあったけど、正社員登用という道がそもそもなかった。すごく落ち込んだ。

ちなみに今も「何がしたいの?」って聞かれるととてもつらい。

転職は言語化する作業だと痛感した

転職活動をしなければならない。

人生で4度目にもなるというのにいまだこの作業(あえて作業といいたい)が、慣れない。

だって、自分と向き合うのがとても骨が折れるのだもの。

転職をするにあたって、なんなら転職前の各種面談ですら自己紹介とかが必要になる。口頭で話す分にはまだマシで、それを書き起こして他人に「自分はこういうことを頑張ってやってきたよ」ということを伝えるのは本当にしんどい。疲れるし、それをアップデートし続けるための時間って無駄だなぁと思うけど、やらないと職にありつけない。つらい。

つらいことはふたつあった。

①思い出す作業がしんどい。

つらいけどやらねばならないと奮起し書いていた職務経歴書、Wordファイルのテンプレにそって書いていたが、途中で気がついた。

こんな経歴書、誰が読みたがるねん。

Wordファイルでまず書き始めて、途中で吐き気がした。何がダメって、案件の量が尋常じゃない。5年弱いた最初のIT企業で関わった案件数、もう記憶があんまりないのだけれど、開発経験だけでたぶん17件くらいだけどそれ以外にもシステム導入とかサポートを加えると倍以上あると思う。案件の掛け持ちも大量にしてた。記憶がもはやない。

記憶がないなりに資料を漁っていくと、当時の記憶がときどき蘇る。

入社して一年くらいで投入された、最上流から最下流までひとりで開発してた業務アプリケーションで残業申請も通らずにコーディングしたとか。

バグが出たことを理由に社内イベントに強制参加させられたりとか。
炎上の真っ最中なのに月一回の社内飲み会欠席で怒られたりとか。
案件やってる間に別の案件を丸投げされたりだとか。
入社一ヶ月でOJTで案件ブチ込まれたりだとか。
そもそも裁量労働で残業代出ないとか。
結局鬱が悪化して退職したとか。

思い出しながら、どんどん暗澹たる気持ちになってしまった。

もう二度とそういう会社に行きたくないという気持ちが強くなって、途中で何度か書く手が止まりかけた。

②書き起こす作業がしんどい

それでもとりあえずテンプレをExcelに変更してとりあえずは書き上げるを目標にかきあげた。気がついたら3日くらいかかってた。アホかな。

これで一社だ。しかも日報なんてないし、手元にある履歴がほぼない。どの期間にどこ向けのどういうシステムを開発していたのか、引継資料からシステム名を見てもさっぱりだ。人間の記憶って儚いな。

二社目も資料がない中でなんとか書き上げたけど、最終的に7ページ文字みっちりになって吐き気がした。レイアウトがひどすぎる。

こんな経歴書、誰が読みたがるねん。(2回目)

思い出す作業がしんどすぎるけれど、前職では毎日日報を自分のためだけに書いていた。ひとり情シスだったこともあって、タスク管理と工数を後で算出したいなと思ったこともあって、毎日何時から何時まで何をやっていたかを事細かに記載していた。もうちょっと早くこれをやっておけばよかった。

②クソみたいなレイアウト

そして出来上がった7ページのクソ資料をなんとか体裁を整えた。夜中だった。もうリタイアしたい。畑だけを耕してのんびり余生を満喫したい。

そう思いながらも金はないので就職しなければならない。
印刷したそれをパートナーに見せに行った。夜中にすまん。

彼女はWebライティングや本の編集なんかもやっているから、クソ資料をどうすれば見やすくなるかをなんかいい感じに教えてくれると思った。
このときすでに私は、何がなんだかわからなくなっていたのだ。

書類を受け取った彼女の第一声、「うわ見づら」

普通は2枚程度に収めるべき経歴書を、エージェントから「プロジェクトごとに全部書いてください」と言われていたからそのとおりに書いただけなのに、そこから30分くらいはダメ出しを続けられた。心が折れそう。

なるほど、普段彼女が言う「赤入れられると心が折れるのよね~」とはこのことだな。ひとり情シスを2年半していてダメ出しされるケースがほぼなかったせいか、久しぶりに「こりゃ~だめだ」と自分でも思った。

頭が回ってない私に彼女はあれこれ位置を直したりフォントをこうしたりみたいなことをアドバイスしてくれた。本当に感謝しかない。

最終的にできあがったものをエージェントに出したのだが、それについて添削はまだ返ってきていない。もう採用通知以外受け取りたくないがまだその段階ではないので身を引き締めねばならない。

繰り返す、転職は言語化だ。

私はアウトプットが本当に下手くそなのだ。

仕事では必要なことや優先順位、見やすいレイアウトをぱっと考えられるのに、自分のことになるととたんに言語化ポンコツになる。
思い出したくないことも多いせいかもしれない。

勉強することはインプットの方が多いんだけど、アウトプットが上手になりたいし、そのためには普段からもっと書くくせもつけなければ。

アウトプットするためにはそれなりに脳内で組み立てが必要なんだけれど、この記事も絶妙に下手くそだなと思いながら構成を諦めて投稿することにする。